MENU
会社案内
事業案内
決算
お知らせ

高機能塗料

耐火塗料について

 鉄骨用発泡性耐火塗料とは、薄膜塗料タイプの耐火被覆材です。従来では望めなかった、鉄骨の意匠性を保持して仕上げることができます。また火災時には、数ミリ程の塗膜が発泡して、20から40倍の優れた断熱層(炭化層)を形成し、鉄骨を火災から守ります。
 この耐火塗料は、発泡性耐火被覆、防火・耐火材料のトップメーカーである英国ナリファイア社によって開発され、英国で最多の実績を有するとともに、世界30数カ国で使用されています。そのなかで弊社は平成2年に日本では初めて、この耐火塗料の施工を手掛けたメーカーであり、施工会社でもあります。
特徴を充分にご理解したうえで、設計・施工にご活用ください。

耐火塗料の特徴

① 高い機能性に応える

施工時に塗られた1~5mm程度の塗膜が、火災時に熱を受けると200℃程度で発泡がはじまります。そこから形成される緻密な発泡層(炭化層)が、優れた断熱性を発揮します。さらに長時間にわたる耐火性を維持し、鉄骨を高温から保護します。

② 高い意匠性に応える

従来の耐火被覆材に比べ1~5mm程度の薄い塗膜厚なので、鉄骨のデザインをそのまま反映することができます。また、仕上げにはさまざまな色の上塗り塗料を施すことが可能です。

③ 環境にやさしい

ノンアスベストであり粉塵は発生しません。すべての製品でホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆を取得しています。

④ 屋内・屋外への適用が可能

ハイブリッドベースコート(SC902・SC904)は塗膜に耐水性があり、従来の耐火塗料に比較して長期の耐久性があります。

⑤ 1時間耐火・2時間耐火の認定を取得

ハイブリッドベースコート(SC902・SC904)は1 時間耐火、2時間耐火までの耐火(鉄骨柱・梁)に対応しています。
鋼材の種類・寸法、耐火時間により耐火塗装の膜厚が異なりますので、HP に添付しています認定一覧表をご確認の上、ご使用頂けますようお願い致します。

■耐火塗料各種資料

【耐火塗装施工者認定について】

耐火塗装を施工するためには、耐火塗装認定業者の登録が必要となります。
耐火塗装の施工者認定取得および登録につきましては、以下までお問い合わせ下さい。

一般社団法人日本塗装工業会
URL https://www.nittoso.or.jp/activities/fireproof/

溶剤

ハイブリッド・ベースコート
SC902

ハイブリッド・ベースコートSC902

※ファイバーなし

S902
カタログ(PDF)

耐火塗料の認定一覧表

*鋼材タイプ、寸法により耐火規定膜厚が異なりますので、必ず鋼材タイプ、寸法をご確認下さい。

S902
製品説明書(PDF)

ナリファイア・ハイブリッド 塗装仕様説明書(PDF)

維持管理要領書(システムS・ハイブリッド)

〈1時間耐火〉

認定書
FP060CN-0801(PDF)

1時間耐火H柱 t=3.5mm

認定書
FP060CN-0663(PDF)

1時間耐火H柱 t=2.0mm

認定書
FP060CN-0607-1(PDF)

1時間耐火H柱 t=1.7mm

認定書
FP060CN-0585-1(PDF)

1時間耐火□柱 t=1.5mm ○柱 t=1.5mm

認定書
FP060BM-0494(PDF)

1時間耐火H梁 t=2.0mm

認定書
FP060BM-0439-1(PDF)

1時間耐火H梁 t=2.0mm

認定書
FP060BM-0661(PDF)

1時間耐火H梁 t=2.4mm

認定書
FP060CN-1000(PDF)

1時間耐火○柱 t=1.5mm

〈2時間耐火〉

認定書
FP120CN-0608(PDF)

2時間耐火H柱 t=4.0mm

完全乾燥 1日以上

注1)乾燥期間に雨天となった場合は、完全乾燥期間を延長して完全に乾いたことを確認して中塗り、上塗りを行って下さい。

注2)下塗り、中塗り、上塗りの乾燥期間は、各メーカーの仕様に従って行って下さい。

【耐火塗料SC902の使用量計算】
規定膜厚×1.75(規定数値)= kg/m2
プラス ロス率(目安10%)

ハイブリッド・ベースコート
SC904

ハイブリッド・ベースコートSC904

※ファイバー入り

※ローラー施工のみ
(エアレス施工不可)

SC904
カタログ(PDF)

耐火塗料の認定一覧表

*鋼材タイプ、寸法により耐火規定膜厚が異なりますので、必ず鋼材タイプ、寸法をご確認下さい。

SC904
製品説明書(PDF)

ナリファイア・ハイブリッド 塗装仕様説明書(PDF)

維持管理要領書(システムS・ハイブリッド)

〈1時間耐火〉

認定書
FP060CN-0911-1(PDF)

1時間耐火□柱 t=2.6mm ○柱 t=2.6mm

〈2時間耐火〉

認定書
FP120CN-0871(PDF)

2時間耐火□柱 t=3.75mm ○柱 t=3.75mm

認定書
FP120CN-0920(PDF)

2時間耐火○柱 t=3.75mm

認定書
FP120BM-0639(PDF)

2時間耐火H梁 t=4.8mm

完全乾燥 1日以上

注1)乾燥期間に雨天となった場合は、完全乾燥期間を延長して完全に乾いたことを確認して中塗り、上塗りを行って下さい。

注2)下塗り、中塗り、上塗りの乾燥期間は、各メーカーの仕様に従って行って下さい。

【耐火塗料SC904の使用量計算】
規定膜厚×1.75(規定数値)= kg/m2
プラス ロス率(目安10%)

常温亜鉛メッキZRCについて

常温亜鉛メッキZRCは、1952年に米国ZRCプロダクツカンパニーの親会社であるノーフォークコーポレーションと米国海軍との共同研究により開発さました。以来、米国はもとより世界各国で使用され、抜群の防錆効果をあげています。常温亜鉛メッキ(Cold Galvanizing)は、溶融亜鉛メッキ(Hot Dip Galvanizing)と同等の防錆効果が得られ、鉄を錆から守る方法として、その耐久性と経済性に加えて多くの利点を兼ね備えていることから、広い分野で採用されております。

※当社での工事の請負はしておりません。

常温亜鉛メッキZRCの特徴

① 溶融亜鉛メッキと同等の防錆効果が得られる

ZRCを76μm以上塗布することで溶融亜鉛メッキ(JIS H8641 HDZ55)と同等の耐久防食性能が得られます。使用される亜鉛粒子は、世界最高水準である米国ASTM D520に規定されているTypeⅢカナダ産のピュアージングで、性能に大きく影響する金属亜鉛分は最高の99%を確保しています。

② 犠牲防食の仕組み

防錆原理は、溶融亜鉛メッキと同じ犠牲陽極作用です。1液性の液体混合物で、その乾燥皮膜に重量比で95%の高純度亜鉛を含みます。亜鉛の保護作用として、Z.R.C.の表面には、緻密な錆の薄膜が生成し、この薄膜が保護皮膜となり鉄の腐食を防ぎます。犠牲防食作用として、イオン化傾向の大きい金属(亜鉛)が犠牲になり先に溶解し、イオン化傾向の小さい金属(鉄)の腐食を抑制します。

③ 補修が容易

亜鉛層の補修は、塗装と同様に容易にできます。

④ 様々な色彩に応える

上塗り材を選ぶことにより、色彩計画が自由にできます。

■常温亜鉛メッキ各種資料

常温亜鉛メッキZRC カタログ(pdf)
製品に関するお問い合わせ